問題解決事例

お客様の「困った」を解決致します。

検査ゲージ・検査治具・検具

問題点:製品のリブ等が接近していて通常のケミカルウッドでは摩耗してしまうが、金属部品ではコストが上がってしまう。

解決方法:AL代替材料の硬質のケミカルウッドを部分的に埋め込んで製作させていただいています。

006

007

問題点:単品ゲージとAssyゲージをそれぞれ作ってしまうと予算がオーバーしてしまう。何とか兼用ゲージにして予算内に抑えられないか?

解決方法:製品の取り付け基準が共用出来れば兼用ゲージとして作製できる可能性が高くなります。一度弊社の方へ問い合わせしてみてください。下の写真はグローブボックスの単品&ASSY兼用ゲージです。

sample11

UPR部品無のBOX単品測定時

グローブBOX総Assy測定時

sample7

測定ブロックをすべて外した状態です

Assy治具・組立治具

問題点:製品にシールを貼る作業があるんですが、なかなかうまく貼れない為非常に不良率が高い。何かいい治具は出来ませんか?

解決方法:大丈夫です。写真のような簡易治具を作製させていただきました。製品の基準部を利用して治具をセットしていただきシールを貼る際のガイドにしました。不良率が大幅に下がったと喜んでいただきました。

002

問題点:製品に構成部品を圧着したいのですが、自動機を作る予算はありません。何か簡易的な治具は出来ませんか?

解決方法:大丈夫です。製品の現物があれば可能です。作業内容にもよりますが製品の反転から作ることも可能です。写真はデータを支給していただきマシニングにて切削加工して作製しました。

樹脂加工品

問題点:展示会に出展するので展示用のショーケースを作製出来ませんか?出来れば展示会場に自分で普通乗用車で運搬したいので組立・分解が容易に出来るように作製して欲しいのですが・・・

解決方法:サイズと展示するものを教えていただければ可能です。ドライバー一本用意していただければOKです。ライトを取り付ける事も可能です。

996820_187516314750902_1223105429_n

009

008

問題点:開発品の形状を一部変更したいのですが加工にて対応可能でしょうか?こちらは製作依頼をしていただいたお客様のブログです。

解決方法:形状にもよりますが加工に必要な治具の設計から対応させていただいています。

EX.1   下の写真は製品の開口部の形状(オレンジの部分)をあと0.3mm大きくしたいということで、加工治具を作製して製品の変形に追従する形で対応させていただきました。

sample3

EX.2  下の写真はボス形状を新形状に変更したいとのことで加工治具を作製して
ボス部分のみ修正加工を実施しました。

sample2

投稿日:2013年7月24日 更新日:

Copyright© 検査治具製作クレド(検査ゲージ・検査治具・検具・Assy治具・樹脂加工全般・愛知県) , 2019 All Rights Reserved.