検査ゲージ・検査治具・検具・検査具って何?

たとえば自動車はおよそ3万点の部品から作られています。それらの部品は沢山の部品メーカー様により生産されています。それらの製品の嵌め合や隙間などは厳しい幾何公差で品質保証を求められています。検査ゲージ・検査治具・検具・検査具と呼ばれる道具を使うことにより 誰でも簡単に手軽な道具で同じように測定し数値だけでなく目視による分かりやすい品質管理 が行えるようになります。何処をどうやって測定したらいいか分からない、測りたくても測れない形状になっている、仕上がりが雑で本当に精度保証はされているんだろうか?ストレスや不安を感じたことはありませんか?
もう、そんな不快な思いをすることはありません。

 

この機会に是非、お客様の大切な製品の安心を手に入れてください。

 

お客様がこれまでに手に入れられた安心の数々です是非こちらもご覧ください。

 

お客様、何か困っていることはありませんか?

  1. 成形品の品質管理をしなくてはいけないのだが、図面の幾何公差が複雑すぎてどうしていいかわからない。
  2. 製品の組付けにおいて作業者による品質のばらつきを無くしたい。作業時間の短縮をしたい。でもセンサー等を使用した高価な設備は入れられない。
  3. 開発品の形状を一部変更したいが、一から作る予算はない。部分的に改造できないか?

などなど、困ったことがあれば何でも一度我々に相談してみてください。

 

こちらの問題解決事例も是非参考にしてみてください。 
  


問題解決事例

Q&A

取扱い材料